オイル交換の目安ってどれぐらい?

車を安全に走行させるためにも、定期的なオイル交換は欠かせません。

交換の際は、期間・費用ともにどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

mente

交換の時期は、基本的にクルマの種類や走行距離・使用頻度によって異なります。

 
購入したディーラーに確認するか、定期点検の際に質問しておくとよいでしょう。

 

 

一般的には、1万5,000kmを目安に交換と言われていますが、1年経過してもこの距離に到達していない場合もありますし、反対に汚れや減りが激しく、1年に満たないうちに交換が必要なケースもあります。

・また、オイルには様々なメーカーがあります。

 
どれを選べばよいのか分からないという方は、ディーラーにマイカーを持ち込み、そのままそこで扱うオイルに交換してもらうのがよいでしょう。

 

 

 

価格は高くつく場合もありますが、最適なオイルを選んでくれるので、安心ですね。

 
メーカーなどにこだわらないという方は、カー用品を扱うお店で好みのものを選びましょう。

 

 
行楽用に使用するレベルなら、どのオイルにしてもそれほど差はありません。

 

 
・自分で交換する場合、廃油の処理には注意が必要です。

 
オイル缶などにいれて近所のスタンドに持ち込むことが最も安全で確実です。

 
無料で引き取ってくれるスタンドもあれば、廃棄料金が必要なスタンドもありますので、事前の確認が必要です。

 

 

オイルを交換しないままでいると、エンジンの性能が落ち、それによって燃費が低下します。

 

 
オイルは少しずつ消耗していくものなので、エンジンの中のオイルが無くなってしまえば、潤滑、冷却が無くなり、壊れてしまいます。

 

 

 

最悪の場合エンジンが焼けてしまい、重大な事故に繋がりかねません。

 

 

こういった事態を防ぐためにも、適切な時期の交換を心がけましょう。