しばらく車を乗らない場合には、一時抹消をして税金を止める方法があります。

 

廃車にする場合は、完全に登録を抹消したり解体したりする場合もありますが、一時的に利用を止める方法もあります。

 

車を解体する場合は、永久抹消登録を選択します。

 

もし、一時抹消登録をした場合は、復活させて再びその自動車を使えるようになるので、しばらく乗らなず再び乗る予定があるなら、一時抹消登録にしてください。

 

(一時抹消登録を行うと自動車税を支払わなくても良いというメリットがあります。)

 

自動車税関連記事:>>廃車にするなら3月がベスト

自動車税は、車検切れと同時に請求を行わない自治体と、請求を行う自治体に別れる点も注意して下さい。

 

再登録をするには?

また、一度抹消した自動車を再び公道で走らせるようにするためには、中古車新規登録が必要です。

 

これは廃車にするときと同じく、自分が住んでいる地域を管轄する運輸局で手続きをしなければなりません。

 

ただし軽自動車の場合は、運輸局ではなく軽自動車検査協会での手続きになるので、その点は気をつけてください。

 

中古車新規登録をする際には、

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 定期点検整備記録簿
  • 自動車検査証
  • 一時抹消登録証明書(紛失しがち)
  • 自賠責証明書
  • 自動車重量税納付書

が必要です。

 

一時抹消登録証明書は、上記の一時抹消の手続き後に発行される書類ですが、紛失が多く再発行も出来ない為ご注意ください。

 

ちなみに所有者が抹消時と異なる場合は、譲渡証明書も必要です。

 

ほかにも所有者の印鑑証明書や自動車保管場所証明書(車庫証)が必要になるので注意してください。

(軽自動車は実印が必要ない為、印鑑証明書は不要です。)

 

これらの書類を用意できれば、後は運輸支局か軽自動車検査協会へ持って行くだけです。

 

 

また、一時抹消登録をしている場合は、再度車検を受ける必要もあります。

 

これは運輸支局内で受けられるので、同時に申し込むだけです。

 

少し手間はかかりますが、この方法をとることで廃車にした自動車を復活できるので、廃車にする場合はどの方法が良いのかをしっかり考えてから決めてください。