車の相続方法ってどうやるの?

hakase

故人が運転していた車は、基本的に相続人全員が共有することになります。

 

しかし、代表者の誰かがその車を相続・運転をする場合には名義変更などの手続きが必要です。

車の相続の必要書類は、

  • 被相続人(故人)の除籍謄本と住民票の除票、
  • 車検証と車庫証明、
  • 自動車税申告書になります。

 

その他

  • 相続人全員分の戸籍謄本と印鑑証明、
  • 全員の実印が押印された委任状と
  • 遺産分割協議書も必要です。

 

ただし、車の使用者と所有者が違う場合や、第三者が所有しているケースなどでは、必要書類が異なります。

 

印鑑証明や戸籍謄本、委任状などは市区町村役所で取得することができます。

使用場所が変わる場合は車庫証明も新たに取得しておきましょう。

車を相続する目的で名義変更する方法ですが、まず必要書類をすべて集めます。

 

それぞれ発行までにかかる時間・日数が異なるため注意が必要です。

 

次に手続きをおこなう場所ですが、陸運局または支局などナンバーを管轄する場所になります。

 

陸運局などでは申請書類一式を購入できますので、係員の指示に従って記入を済ませましょう。

 

 

申請書の記入を済ませたら窓口へ提出し、新しい車検証を発行してもらいます。

相続人が他県に住んでいるなどで、管轄が変わる場合はナンバー変更の手続きも必要です。

古いナンバーを返却し、新しいナンバーを発行してもらいます。

 

そしてナンバーの取り付けが終わったら係員に声を掛け封印してもらいましょう。

最後に自動車税の申請をすれば相続手続きは完了です。