タイヤ交換

車のメンテナンスにおいて、出来るようにならなければいけない1つがタイヤ交換です。
路上でパンクしてしまい、交換できないようではいけません。

交換の方法を覚えておきましょう

①タイヤを外す前にナットを緩ませておくのがポイントです。
(普通乗用車は反時計回りがネジを緩める。)

ジャッキで上げてから緩めようとすると、力が入りません。

ホイールを固定するナットは固く締まっているので、ジャッキで上げる前に緩めてしまいましょう

②その後ジャッキで持ち上げて、ナットとタイヤを外します。

③交換するタイヤをはめ、ナットで固定していきます。この時タイヤが奥まで入っているかを確かめます。

また浮いている状態では締まりにくいので、タイヤがずれない程度に固定しておくのがポイントです
ある程度固定出来たらジャッキを下ろします。

④道路面についた後、ナットを完全に締めます。

余り締めすぎると回転に影響が出ますので、程々に固定しておきましょう

タイヤの交換が出来れば、急な積雪にも対応できます。覚えておいて損はありません。