困ってしまうドライバー

car-licence
車を運転していると、時折困ってしまう車=ドライバーに遭遇する事があります。

 

煽られたり割り込まれたりする事は日常的に結構あるものですが、そうしたよく遭遇するタイプの
マナーの悪いドライバーではなく、世にも不思議な習性のあるドライバーがいるのです。

 

まず、赤信号で先頭で止まる際、必ず停止線を車一台分オーバーする軽トラックのドライバーに
遭遇した事があります。

交通量の少ない道路で、暫くその軽トラの後ろを走っていたのですが、赤信号で100%の確率で

停止線をオーバーし、横断歩道にまで侵入して信号待ちをするのです。

 

 

余程せっかちな性格なのかもしれませんが、道交法違反を犯してまで少しくらい前に出して停まっても、
目的地に着く時間は全然変わらないのに、本当に不思議な習性です。

 

 

あとは、やはり信号待ちで停車する際に、一旦前の車と車3台分くらい間を開けて停車し、
その後ズルズルとクリーピングで間を詰めて最終的に1m位の間隔にするという、
不思議なドライバーがいました。

 

これも、信号待ちの度に必ずそうした動きをするので、すぐ後ろに付いていた私は
イライラしてしまいました。

 

その時乗っていた車がたまたまマニュアル車だったので、そうした無駄な動きをされると、
それに合わせるのが大変なのです。

本当に、世の中には不思議な感覚を持っている、はた迷惑なドライバーがいるものです。